防犯錠の取り付けで安心住宅に。

空き巣の狙う家は、従来の錠前を使っている家をすぐに不正解錠(ピッキング)するか、防犯意識のない家をきめて狙います。

大切な事は不正解錠(ピッキング)のしにくい防犯錠の取付で空き巣の侵入を防ぎ、さらに空き巣に下見の段階で大きな威嚇効果を与える事ができるかが重要なのです。

〈犯罪件数推移〉

グラフ

また、平成14年犯罪件数が戦後最高記録により、防犯錠の改良が進み現在価格が大幅に値下げになっています。

〈取付内容〉

防犯錠というのは、昔から「扉が鍵を選ぶ」と言われている様に扉厚(扉の厚み)、甲乙(扉の閉まり具合)で防犯錠が決まります。当社では過去の施行実績を元に一番相性のいい防犯錠をお取り付けいたします。特に築年数3年以上の一戸建て、マンションはチェックが必要です。

※スターは防犯設備士取得者の元施行いたしております。

スターの高い技術力。

〈同一キー 組み換え技術〉

弊社では、より防犯錠の構造を理解する為、独自に分解解析、同一キー組み換えに成功しました。主な同一換え可能な型は、MIWA PR、UR、U9など幅広く可能となっておりおます。「玄関と勝手口を同じ鍵で開け閉めしたい」「実家と息子の家を同じ鍵で開け閉めしたい」など些細なこと何なりとお申し付け下さい。

〈新規開口技術〉

古くから使われている木製の引き戸。この種類は、外から施錠が出来ないケースがほとんどで勝手口から家の出入りを余儀なくされている方が多いのも事実。だから、鍵を取付ける木枠施工はガラスが割れたり、木が裂けるなど本職の建具屋ですら嫌がる位難易度が非常に高い施工と言われています。また、今のアルミ製の引き戸に交換してしまうと家の風合い、景観を損ねかねない。そこで、引き戸中央部分を木やガラスに負担かけない様時間をかけ丁寧に新規開口し、防犯錠を施工致します。

施工実績